子供の遊び場情報サイト

子供の遊び場情報サイトキッズサイト

群馬県 室内遊び場

群馬県『こんにゃくパーク』は親子で楽しめる!見学無料で、試食バイキングも食べられる!駐車場も無料!

投稿日:

群馬県こんにゃくパーク群馬県甘楽郡にある『こんにゃくパーク』に遊びに行ってきました!こんにゃくパークでは、こんにゃくやゼリー、白滝を作る大きな工場を無料で見学出来たり、1階の無料バイキングコーナーでは色んな こんにゃくを試食出来ます!他にも こんにゃくパークには足湯があったり、休憩スペースや お土産屋お買い物も出来るショッピングコーナーもあります!また、事前申し込みをしていれば有料ですが、こんにゃく作りを体験できるコースもあります。
そんな親子で楽しめる『こんにゃくパーク』を沢山の写真付きで詳しく紹介します!

こんにゃくパーク情報

住所 370-2202 群馬県甘楽郡甘楽町小幡204-1
開館時間 9時~18時(最終受付17時)※現在、コロナのの影響で開館時間が異なる場合がこざいます。公式サイトにて、ご確認ください。
料金 工場見学、試食バイキング無料。こんにゃく作り体験のみ事前予約+有料。
駐車場 あり。無料。

こんにゃくパークとは

日本の伝統食材である『こんにゃく』の文化や美味しさをもっと沢山の人に知ってもらいたいという思いから作られたそうです。大きな こんにゃくの工場を無料で見学出来たり、試食バイキングで色んな味のこんにゃくを食べれたりできます。工場は、こんにゃくだけでなく、ゼリーや白滝の工場もあり、見学が出来ます。

こんにゃくパーク駐車場

こんにゃくパーク駐車場大きなカラフルな看板が目印です。工場が大きく派手な色なので直ぐに分かります。
駐車場は広く、沢山あり、無料で車をとめることが出来ます。

カラフルで可愛い『こんにゃくパーク』

こんにゃくパークこんにゃくパークの建物には大きく、たてよこおいしい こんにゃくパークと描かれています。ここで記念撮影している方が多かったです。
こんにゃくパーク入口大きな建物がいくつも並んでいますが、工場見学などをする入口はこの写真の奥の部分となります。
こんにゃくパーク工場見学看板に可愛いウサギとこんにゃくパーク入口と書かれています。工場見学は開館時間であれば予約などなしに自由に入ることが出来ます。しかも料金は掛かりません。見学と試食バイキングのみであれば無料で楽しめます。ただし30名以上の団体であれば事前予約が必要だそうです。
こんにゃくパークの建物に入ってすぐの右側に受付があります。受付で記入すると、館内の簡単な説明をしてもらえます。
私達が行ったときは、コロナの影響で『無料の試食バイキング』がやっていませんでした。その代わりに、来館者ひとり1個ゼリーを貰えました。
こんにゃくパーク試食いろんなこんにゃくを食べれる無料バイキングを楽しみにしていたので、ちょっと残念でしたが無料で水分補給ゼリーレモン味をもらえたので良かったです。ちなみに水分補給ゼリーはレモン?の苦みがありつつも美味しかったです。凍らせて食べることもできて熱中症対策にもいいなって思いました。

こんにゃくパーク工場見学

こんにゃくパーク工場受付を済まして、エスカレーターなどで2階に行きます。(エレベーターもあります)
2階には記念撮影も出来る撮影スポットも用意されていました。
無料工場見学子供も楽しめるようにと殺風景な工場ではなく、通路なども可愛いウサギのキャラクターなどが描かれています。色合いも可愛いです。
こんにゃくパーク工場見学ガラス部分から下にある工場の部分を見ることが出来ます。
工場工場は月曜日から金曜日のみ、稼働していますが土日は、やっていません。なので実際にこんにゃくやゼリーを作っているところを見たい方は平日に見学しに行くのがお勧めです。今回、私たちが行ったのは休日だったので実際に作っているところや機械が動いているところをみることができませんでした。
それでも沢山の大きな機械を見れたので子供たちは喜んでいました。
通路こんにゃくパーク工場内は、とても広く意外と歩きます。ただ、館内なので寒さも暑さもないので気持ちよく見学ができます。通路のいたるところ新商品のポスターやこんにゃくなどの歴史、作り方などが書かれているので見ていて楽しいです。
婚約の作り方こんにゃくパークに行くまで知らなかった こんにゃくの作り方。意外と大変なのと歴史が古いことに子供とビックリ!また、こんにゃくの原料となる こんにゃく芋は とても大きく花は約5年に一度しか花を咲かせないことも知ることが出来ました。
こんにゃく工場に見学しなければわからないことが沢山あって、こどもと一緒に勉強になりました。意外と子連れだけでなく、大人だけで見学しに来てる方も多かったです。

こんにゃくにゼリー、お土産ゾーン!

こんにゃくショッピング1階にある大きなショッピングゾーンでは沢山の見たこともない種類のこんにゃくやゼリーなどの食べ物や お土産が売っています。こんにゃくパークのお土産を買うなら、ここで買えます。他にも こんにゃくパーク内には別の建物でフーズマーケットがあり、産直野菜なども販売されています。

休憩スペース

休憩スペースこんにゃくパーク内にある屋根付きの休憩スペースがいくつもあります。見学や買い物が終わったあとに、ちょっと休憩するのにピッタリです。

こんにゃくパーク子供の遊び場

ふわふわ遊具こんにゃくパーク内に巨大なふわふわ遊具がありました。中はトランポリンのように跳ねて遊ぶことできます。ただし、現在コロナの影響のせいなのか遊ぶことが出来ませんでした。うちの子は、凄くがっかりしていました。

こんにゃくパーク体験コーナー!

こんにゃくパーク体験こんにゃくパークには有料ですが体験コースもあります。こんにゃくフルーツゼリー作り体験中学生以上880円子供小学生以上440円、こんにゃくカラーマジック体験中学生以上660円小学生以上子供330円、こんにゃく手作り体験中学生以上1100円小学生以上550円と有料ですが楽しそうな体験があります。
有料なのと完全予約制で前日までに電話予約が必要ですので、そこだけ気を付けてください。今回、うちは見学にいきなり行ったので体験ができずに工場見学とお買い物だけで終わってしまいました。
工場見学も1時間あれば十分見終わってしまうので子供が小学生以上で興味あれば事前予約で体験をしてみるのもいいと思います。ただし小学1年生以上が対象となるので未就学児の小さい子供は出来ません。
また体験コースによって所要時間30分~60分ほどかかります。

こんにゃくパークさいごに!

こんにゃくパークは無料で、こんにゃく ゼリー白滝を作る大きな工場を見学が出来るので ちょっとした お出かけにぴったりです!小学生以上で有料ですが体験コースもあったり、工場内も可愛くデザインされているので見ているだけでも楽しいです。
工場内は大きな建物で見学は、開館時間であれば いきなり行っても大丈夫なので雨の日や暑い日、寒い日で 外遊びできないなーっていうときに気軽に ちょっと行ってみるのもいいと思います。
こんにゃくパークに工場見学するまで知ることもなかった こんにゃくの古い歴史や作り方、原材料!また新商品のこんにゃくやゼリーも知ることが出来ます!子供が小学生ぐらいであれば、社会の勉強にもなっていいと思います!

スポンサーリンク


-群馬県, 室内遊び場

Copyright© 子供の遊び場情報サイトキッズサイト , 2020 All Rights Reserved.